ザ・アミーゴスによる 肉×異国×雑学BBQ情報局!!

これを知ったら、もっと盛り上がる!楽しい!美味しい!
ザ・アミーゴスだからこそ学べる、知識がいっぱい。
肉に、異国に、BBQに…読んだら絶対行ってみたくなる。
ザ・アミーゴスってどんなところ!?


グリル?ロースト?ブロイル?調理法の英語って意外にわかってないかも…。

そもそもは、「グリルとブロイルの違いって?」と思って、調べてみた。

すると、以下のページが。

おっ、なんだか、いい感じでいろんな調理法が訳されている。

ということで、備忘録的に取り上げてみました。

こういうのって意外に、学ぶ機会がないから・・・。というか学校で習うのかな?

 皆さんにも参考まで。

 

===================================

 

「焼く」と言う意味を持つ「grill」と「broil」に違いはありますか?

両方とも「(熱で)焼く」と言う意味を持ちますが、熱の加え方に違いがあります。バーベキューのように熱が下から加えられる焼き方の場合、「grill」が使用されます。一方、オーブンのように熱が上から加えられる焼き方の場合、「broil」が使用されます。尚、「broil」は一般的にじか火ではなく、オーブンの電気発熱体で加熱が行われます。また、「grill」では、グリル(網)の焼き目が付きますが、「broil」ではそのような焼き目は付きません。

他の主な熱を使った調理法に使用される動詞:

bake = オーブンで焼く(熱気により)

blanch = 湯通しする

boil = 茹でる

braise = 蒸し煮

fry = 油で揚げる

pan fry = フライパンで炒める

poach =(沸騰直前の温度で)ゆでる

roast = 炙る

sear = 表面を焦がす

simmer = 煮る

steam = 蒸す

難易度:7/10


=======================================================

【出典:eigopedia.com】

「焼く」と言う意味を持つ「grill」と「broil」に違いはありますか?

元の情報をアップしてくださっている方に感謝です。

 

更新日:2020年7月4日

編集:野上 遼