ザ・アミーゴスによる 肉×異国×雑学BBQ情報局!!

これを知ったら、もっと盛り上がる!楽しい!美味しい!
ザ・アミーゴスだからこそ学べる、知識がいっぱい。
肉に、異国に、BBQに…読んだら絶対行ってみたくなる。
ザ・アミーゴスってどんなところ!?


牛肉、ほぐしてみた!柔らかさに感動の「キューバご飯」とは!? (WRITER・あゆね)

2021/12/14

¡Hola! Soy Ayune!

Buenas días.

 

こんにちは、あゆねです!

前回キューバやプエルトリコのダンスであるサルサやレゲトンについてお話しさせていただきました。

今回はキューバ料理についてご紹介しようと思います!

 

私はサルササークルに入ってから南米、特にキューバの料理を食べる機会が増えました。

サルサのサークルではキューバ人講師から実際にダンスを習っています。

先生たちは時々、私たちにキューバ料理を作ってくださるのです。

 

そこで食べるキューバ料理は本当に絶品!

 

キューバ料理はスペインやアフリカの影響を受けているキューバ料理。

主食は日本と同じくお米です。

しかし日本と比べて少しお米がパラパラしています。

更に、白米として食べることもあるのですが、赤豆炊き込みご飯を食べることも多いのだそう。

これは「アロス・コングリ」と呼ばれています。

スペイン語圏では料理に豆は欠かせません。

実際私が大好きなメキシカン料理にも多くの豆が使われています。

キューバも同じでいろいろな種類の豆が料理に使われます。

例えばキューバの代表的なスープの「ポターへ・フリホーレス・ネグロス(Potaje Frijoles Negros)」。

見た目は、大高店で金土日に販売しているあのブラジルの家庭料理「フェイジョアーダ」によく似ています。

フェイジョアーダはフェイジョン豆とお肉を煮込んだものなのに対し、こちらの「ポターへ・フリホーレス・ネグロス」は、

黒インゲン豆やレッドキドニービーンズ(中南米の料理によく使われる日本の金時豆に似た赤い豆)が煮込まれていて、とっても美味しいです。

 

他にもレンズ豆、ひよこ豆なども、トマトベースのスープに入っていることがよくあるそうです。

 

今回は牛肉も入っていてとってもカンタンに作れるキューバ料理を1品ご紹介いたします!

 

ロパ・ビエハ(Ropa Vieja)のレシピ

 

材料(2~3人前)

  • 牛肉 680g
  • パプリカ 1個
  • 玉ねぎ1個 千切り
  • トマトピューレ スプーン6杯
  • ニンニク 6片
  • クミン スプーン1/2
  • ローリエの葉 2枚
  • ワイン お好みで
  • 塩 少々

 

作り方

  1. ①鍋にトマト、玉ねぎ、パプリカ、ニンニク3片と牛肉を入れ水を肉が浸るくらい入れて柔らかくなるまで弱火で煮込む。
  2. ②肉が柔らかくなったら冷ましてほぐす。(煮込み汁も取っておく。)ほぐす工程は誰にも渡したくないほど、とっても楽しいんですよ!!
  3. ③鍋にオリーブオイルを入れて先ほどの玉ねぎをニンニク3片と一緒に炒める。
  4. ④玉ねぎに色がついたらローリエ、クミン、トマトピューレ、煮込み汁お玉2杯を加えて混ぜる。
  5. ⑤最後にお好みでワインや塩コショウで味付けし、パプリカと軽く混ぜ合わせて完成です。

 

「ロパ・ビエハ」はスペイン語で「古着」という意味なんです。

煮込んだ牛肉を柔らかくホロホロとほぐしてあるこの料理。

古着特有の可愛さである「糸のほつれ」のように見えることからこの名前がついたのだとか!

なんだかほっこりした気持ちになって食べる、味が染み込んだ「ロパ・ビエハ」は絶品です。

 

これ本当に食べやすくておいしいので、是非作ってみてください。

 

では、また!!

 

参照

キューバ料理レシピ ロパ・ビエハ | Brisa Cubana

Ropa Vieja (Cuba's National Dish) - GypsyPlate

 

更新日時:2021年12月14日

WRITER : あゆね

編集:田中