ザ・アミーゴスによる 肉×異国×雑学BBQ情報局!!

これを知ったら、もっと盛り上がる!楽しい!美味しい!
ザ・アミーゴスだからこそ学べる、知識がいっぱい。
肉に、異国に、BBQに…読んだら絶対行ってみたくなる。
ザ・アミーゴスってどんなところ!?


あなたも今日からアカミニスト!赤身肉で、美しく健康なボディに!その理由をデータ付きで紹介

2022/6/1

女性の間で「赤身肉」好きが増えている今日この頃。

「アカミニスト」という言葉もあるほどなのです!

 

ザ・アミーゴスのスタッフはアカミニストばっかり!!(笑)

 

・低カロリー

・良質なタンパク質

・美肌効果

・疲労回復

 

などザ・アミーゴスの得意とする「赤身肉」にはメリットいっぱい!

 

今回は、

健康で美しいボディになるために、なぜ赤身肉がおすすめなのか!?

解説していきます。

 

1日に必要な栄養素は?

三大栄養素の一つ「タンパク質」

1日に必要なタンパク質の量はわかりますか?

 

1864歳の男性…65g
1864歳の女性…50g

 

では1日に摂ると理想的なエネルギー(カロリー)は?

 

1864歳の男性…26002700kcal
1864歳の女性…19502050kcal

 

参照:大塚製薬HP

 

赤身肉は低カロリー・高タンパク質!データでチェック

ちょっと難しい?データ表なのですが、100gのお肉に含まれる栄養素です。

こちらは文部科学省のHPで簡単にチェックできます!

 

 

参照:文部科学省 食品成分データチェックより

 

1人前のステーキは一般的に大人1人300g、少なめが良い方は200gくらい。

(当店スタッフはかなりお肉好きなので

「足りない!!600g位はいる!!」

とか言っていますが(笑))

 

ザ・アミーゴスでも1番人気のリブロース(リブアイ)なら、300gの大きさのステーキで60.3gのタンパク質を摂ることができます。

 

 

つまり、ステーキ1枚で1日に必要なタンパク質が取れる、というわけです。

エネルギーの項目も注目してみてください。

よく売られている和牛バラ肉などよりも、輸入牛肉の赤身肉(リブロース・サーロイン・ランプ)の方がエネルギー(カロリー)が低い、という事がわかりますね。

 

ザ・アミーゴスの得意とするオーストラリア・ウルグアイ・ブラジル・アメリカなどからの輸入の牛肉は、高タンパク、低カロリーというわけです!

 

太りやすい、痩せやすい、に直結!「基礎代謝」と「タンパク質」の関係

 

ダイエットなどの文献を読むと「基礎代謝」という言葉がよく出てきますよね。

基礎代謝というのは、何もしなくても消費されるエネルギー量のこと。

また、タンパク質をしっかり摂った方がいいと言われている理由は??

 

基礎代謝が下がる → 消費カロリーが減って太りやすい

 

基礎代謝が上がる → 消費カロリーが増えて効率よくダイエットできる

 

タンパク質が不足 → 筋肉量の減少→基礎代謝が低下し痩せにくい体質に

 

タンパク質をしっかり摂る → 筋肉を付けていく→基礎代謝が上がり、太りにくくなる

 

こういった因果関係があるのです。

 

 

参照:グリコHP

 

 

まとめると

 

赤身肉はタンパク質豊富で、低カロリー

美しいボディを作るのに最適

 

ということです!

 

今回は、赤身肉の持つタンパク質や、私たちの基礎代謝についてでした。

また、赤身肉が「美容に良い」ということや、「筋トレ」についても掘り下げていきたいと思います。

 

 

参照:

大塚製薬HP

文部科学省 食品成分データチェックより

グリコHP

 

 

 

更新:2022年6月1日

WRITER・編集:田中