ザ・アミーゴスによる 肉×異国×雑学BBQ情報局!!

これを知ったら、もっと盛り上がる!楽しい!美味しい!
ザ・アミーゴスだからこそ学べる、知識がいっぱい。
肉に、異国に、BBQに…読んだら絶対行ってみたくなる。
ザ・アミーゴスってどんなところ!?


長細ビスケットが絶品ブラジル風ティラミスに変身! (WRITER・よしの)

2021/08/21

更新:2022/2/24

Olá, gente! Tudo bem?

みなさんこんにちは!

ザ・アミーゴスのよしのです!

 

今回はブラジルで食後のデザートとして食べられているパヴェ(Pavê) というお菓子を紹介します!

 

ブラジルは人種の壁がないと言われる程、世界各地からやってきた移民で構成されています。

その為、食文化にもその影響が現れています。

ブラジルで採れる産物を使ったり、現地の元々の食事とミックスされたり独特な食文化があります。

 

例えば、ロシアで有名なビーフストロガノフですが、ブラジルでは鶏肉を使い、サワークリームではなく生クリームで作られます。

 

ブラジルで食べられている食事の中で最も多いのがイタリア料理です。

必ずどこの街でもpizzaria (ピッツァリア・ピザ屋さん) を見つけることが出来るほど人気!

国民食の一つになっています。

国民の15%をイタリア系ブラジル人が占めていると言われています。

それは、1888年にブラジルでの黒人やインディオの奴隷制度が廃止されて以降、労働力確保の為に多くのイタリアからの移民の受け入れが開始されてことに由来しています。

 

今回紹介する「パヴェ」もその移民の文化を象徴するお菓子です。

 

「パヴェ」とはイタリアのティライスに由来し、マスカルポーネの代わりに安価で保存が効くコンデンスミルクを使っています。

南米で採れるパッションフルーツやバナナなどを中に入れる場合もあるそうです。

今回はフランスのフィンガービスケット・バンビーノ(BANBINO) とネスカフェMoçaのコンデンスミルクを使って作ってみました。

このバンビーノ・ビスケット、ブラジル人・フィリピン人のお客様にも大人気の美味しいビスケットなんです!

 

以下にレシピを掲載していますので是非つくってみてくださいね!

 

〜ブラジル風ティラミス Pavê/パヴェの作り方〜

<材料>

・A

卵白 3個分

砂糖 100g

生クリーム (Crème de leite Nestlé) 1缶(300g)

・B

卵黄 3個分

MOÇA コンデンスミルク1缶(395g)

牛乳 300ml

コンスターチ 大さじ1/2

・ビスケットの層

フィンガービスケット(Banbino バンビーノ)1箱

インスタントコーヒー 大さじ1

お湯 150ml

・飾り

純カカオ 適量

※純カカオ以外にも板チョコやココナッツピールにアレンジできます!

 

<作り方>

①卵白と砂糖を鍋に入れ弱火で止まることなく約3分間、少しの間火からおろし混ぜ、再度火にかけるのを繰り返しながら混ぜる。卵白に火が通らないくらいの温度を保つのがポイント。

②ボールに移し、生クリームを少しずつ加えながらメレンゲのようにツノが立つまで混ぜる。その後、冷蔵庫で冷やす。

③鍋にB(卵黄、コンデンスミルク、牛乳、コーンスターチ)を入れ、とろみがつくまで混ぜる。とろみがついたら火からおろし、冷ます。

④インスタントコーヒーとお湯を混ぜ、コーヒー液を作る。そこにフィンガービスケットをひたし、染み込ませる。

⑤器に❶を入れ平にする。❹のビスケットを敷き詰める。その上に❸を流し入れ、ビスケットを敷く。この工程を繰り返す。

⑥型にラップをし、冷蔵庫で2時間ほど生地を馴染ませる。その上にお好みで、純ココアや板チョコのスライスしたもの、ココナッツのピールを飾りつけ完成。

 

ザ・アミーゴスで揃う食材で、絶品ブラジル風ティラミスが作れます!

ぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

次回もお楽しみに!それでは Tchau tchau!

 

更新日時:2022年2月24日

WRITER : よしの

編集:田中