ザ・アミーゴスによる 肉×異国×雑学BBQ情報局!!

これを知ったら、もっと盛り上がる!楽しい!美味しい!
ザ・アミーゴスだからこそ学べる、知識がいっぱい。
肉に、異国に、BBQに…読んだら絶対行ってみたくなる。
ザ・アミーゴスってどんなところ!?


憧れのWeber(グリル)の世界

ワンランク上のバーベキューを楽しみたい、そんな人のための最強のバーベキューコンロを紹介したいと思います。

一家に一台はバーベキューグリルを持っているという、バーベキューの本場アメリカでは60%ものシェアを占めるという、weberのBBQグリル。

最近は日本でも手ぶらバーベキューなどのスポットでも見かけるようになってきました。

ホウロウ加工による美しいボディと、UFOを連想させるような独特の外観が印象的ですが、何がそこまですごいのか、順を追ってその特徴を説明したいと思います。

weberグリルの特徴

頑丈なホウロウボディ

ホウロウのボディは見た目の美しさだけでなく、とても堅牢で頑丈そのもので、 安物のBBQグリルならば、炭の熱によりすぐに変形してしまいますが、このweberのグリルに限ってはそのようなことはありません。

錆びることもなく、何年もその美しさを維持してくれます。

我が家では年に20回以上はBBQを行っており、かれこれ5年以上ウェーバーグリルを使い続けていますが、どこも変形していません。

頑丈そのものです。さすがはホウロウボディです。

蓋をすることで、蒸し焼きにできる

tookapic / Pixabay

ウェーバーグリル一番の特徴はなんと言っても、蓋付きであるということ。

では、この蓋付きのメリットは何かというと、肉を焦がさず蒸し焼きにできることです。

肉食文化の長い欧米では、肉をただ単に焼くだけではなく、スモークやローストなどじっくり時間をかける調理する術を持っているため、このようなバーベキューコンロが生まれたのでしょう。

日本で一般的なバーベキューコンロのように肉を焦がしたり、パサパサにしてしまうということは絶対にありません。
しっとり、ジューシーに焼き上げることができます。

 

 

炭が長持ち

通常のBBQコンロならば、焼肉の最中に一度くらいは炭を補充することがありますが、ウェーバーグリルを使いだしてから、BBQの途中で炭を補充したことは一度もありません。

ではなぜか。蓋をして空気の流入を抑えると、当然のことながら炭への酸素の供給量も減ります。

つまり、炭の燃焼速度を抑えることで、炭の寿命を延ばすことにもつながっているのです。

 

ラインナップは47cm、57cm、ポータブルタイプとさまざま。ご利用シーンに合わせてサイズを選らんでみてはどうでしょうか。